今年は2日から仕事始めでした。

なんだかあっという間に年越しして

元旦だけお正月らしくゆっくり過ごして

2日からガンガンお仕事スタート。

会場さまへお客様と見学、移動、見学。

ちょうど年祝いでホテルは賑わっておりました。

お着物をお召しの女性もちらほら。

そしたら、ロビーに和装の新郎新婦が。

やっぱり和装はいいですね。

伝統的な美。

結婚式当日はドレスしかお召しにならない、

という新婦さんもいらっしゃいますが

私はせめて前撮りで和装を

お召しにならないかと力説します。

それぞれ意味を持つ小物を説明して

手刺繍の素晴らしさなどお伝えします。

私が住む田舎では

ウエディングドレスの花嫁より

和装の花嫁の方がお身内にはウケがいい。笑

昔ながらのっていうやつですね!

和装のお嫁さんを見るとおばあちゃん達は

みんな涙します。

おばあちゃん達もそうゆう花嫁時代があったから

重ねてるのかな。

併せて、あんなに小さかった女の子が

綺麗な花嫁になって嬉しくて

涙しちゃうんでしょうね。

日本人だからこそ

日本人だからお召しになれる和装。

お衣装店に足を運ばれた際には

是非一度羽織ってみてくださいね。

image